ホーム>過去の活動報告>猫の集会 第4回

過去の活動報告

猫の集会第5回

日時 2018年6月24日(日) 13:00〜18:40
会場 東京コンベンションホール
主催 JSFM
参加者数 猫の集会 : 353名
(獣医師:266名、動物看護師:39名、企業招待8名、企業・グッズ販売関連:40名)
CATvocate :185名
講演内容
猫に薬剤治療を行う上での基本キ。
猫に特有な薬物の代謝ついて、使用禁忌剤を中心に。
折戸謙介
ステロイド系薬剤の使用による猫特有効果/副作用
ステロイド系薬剤の使用禁忌
石田卓夫
猫に頻用される抗癌剤
猫においてエビデンスのない抗癌剤治療の危険性について
小林哲也
adaptive pain と non -adaptive pain の概念
猫の鎮痛治療
有効と思われる前投薬 /麻酔薬に関するアップデート
西村亮平
猫によくみられる感染症に対する抗菌薬・抗真菌薬の使用
猫に禁忌/注意が必要な抗生物質・抗真菌剤
栗田吾郎

第5回 猫の集会

第5回目を迎えた猫の集会、今年は「犬とは違う!これでもう怖くない薬の使い方」と題し、分野の異なる5人の先生方に猫での薬剤の使用方法について講義していただきました。犬と猫の生理学的な違いによる薬剤の代謝・排泄の特徴から始まり、使用頻度の高い抗菌薬やステロイド製剤、さらに麻酔薬や鎮痛薬、化学療法剤に至る薬剤を猫ではどのように使用すれば効果的であるかという各論的な講義となりました。ご参加された方々は、半日間、猫の薬についての情報にどっぷり漬かっていただけたのではないでしょうか。
今年も、獣医師以外にも動物看護師や学生の参加者も多く、会場もいっぱいとなり大変盛況な集会となりました。総合討論での質疑応答においても、日々、先生方がお困りのちょっとした疑問などが多数挙がり、大変充実した内容になりました。

写真

CAT vocate

昨年第1回目が開催され、それを受講した第1期生たちが今回CATvocate認定を目指し、第2回に参加されました。今回は、猫の栄養学、子猫と予防医療、猫の診察・検査・保定法、老猫と健康診断についての4講座をもって終了いたしました。第1回目に行われた5講座の基礎的な比較的難しい話から比べると今回はより実践的な内容となり、熱心にメモを取る受講者の姿が印象的でした。そして最後に石田卓夫会長による修了書授与式が執り行われ、無事に受け取ることのできた第1期生の皆さんのお顔はとても晴れ晴れしく思えました。皆さん、長時間の集中した受講、お疲れ様でした!そしてCATvocate認定、おめでとうございます!!
今回は同時に第2期生として98名の受講者による第1回目が、昨年同様5つの講義をもってお隣の会場で行われました。新たな受講者の皆さんも、第2期生としてCATvocate認定に向け、是非来年も頑張ってください!そして今後も猫にとって優しくそして猫医療にとって正しい知識を習得した一人でも多くのCATvocate認定者が、これを生かしさらなる好奇心を持って猫とそのご家族の皆さんを幸せにしていってくれることを心より期待しております!
引き続きJSFMではCATvocate第3期生を募集いたします。詳細は追ってこのホームページよりご報告いたします。

写真

その3. 猫関連製品だけに特化したブース展示

今年も多くの企業の方にご参加いただき、また、猫グッズのお店を広めの場所に移動し販売させていただきました。お店は出店数も増え、販売されている猫グッズも多種多様なものが揃い、猫好きの方々には大変興味をもっていただけたのではないかと思います。撮影ブースでも、かわいい猫パネルと一緒に写真を撮ったりと楽しくご参加いただけている様子が見られ大変嬉しく思いました。
来年も、学術面だけでなく、猫好きな方々がハッピーになるブース作りを考えておりますので、是非ご参加いただければと思います。
今回ブースで購入した猫のグッズ(猫楽しんでます!)

写真

写真